務める 例文。 「務める」「努める」「勤める」「勉める」意味の違いと具体的な例文

努めるの意味と使い方!勤める・務める・勉めるとはどう使い分けるの?

例文 務める 例文 務める 例文 務める

👎 私は千葉県市民ですが、東京で 勤めています。 勤務する(会社などに勤めて仕事をする)• 挑む(ある対象に立ち向かっていく)• 研究(開発)に努める• 御社で活躍できるよう努めてまいります。

10

努めるの意味と使い方!勤める・務める・勉めるとはどう使い分けるの?

例文 務める 例文 務める 例文 務める

😎 もちろん、可変的なものであっても本当にそこに魅力を感じた場合は素直に伝えて構いません。

11

「務める」の意味とは?勤める・努めるとの違いや敬語表現も解説

例文 務める 例文 務める 例文 務める

🤑 「努めて冷静に判断する」のように、「出来る限り」の強調的表現として使われることもあります。 「社風・人の魅力」にひかれた場合の例文 【例文1】説明会やOB・OG訪問で出会った先輩社員にひかれた場合 貴社の説明会で話をうかがった社員の皆さんが、共通して「お客さまを支援したい」という熱い思いを持っていらっしゃることに魅力を感じました。

8

「務める」と「勤める」の違いとは?意味を詳しく解釈

例文 務める 例文 務める 例文 務める

💅 「努力する」「励む」を指しており、ちからを惜しむことなく、何かをたゆまずやり続けることを表します。 彼は30年 勤めた後、その会社を退職した。

8

「務める」の用例・例文集

例文 務める 例文 務める 例文 務める

😇 「務める」「勤める」「努める」はそれぞれ意味が違うため、文脈に応じて使い分けましょう。

15

【努める】と【務める】と【勤める】の意味の違いと使い方の例文

例文 務める 例文 務める 例文 務める

☝ 「勉める」でなく、「 努める」 を使うのが一般的になっています。 上から与えれたことでも一生懸命果たそうとすることを言います。

15

「務める」の用例・例文集

例文 務める 例文 務める 例文 務める

👎 「友人の結婚式の司会を務めることになった」 友人の結婚式で司会という役割を引き受けたことを表しています。 実質にかかわらず、雇用関係に基いて行うべき内容を遂行しようとしている状況を示しているのです。

3